退職の仕方 フリーター医師の小規模な生活

アルバイトで生活する内科医の記録。

ホーム > スポンサー広告 > 退職の仕方ホーム > 医師アルバイト > 退職の仕方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

退職の仕方

今日面接に伺った療養型病院は好感触でした。建物も比較的綺麗だし事務の方も感じがいい。
医師不足ですぐにでも勤務して欲しいとのこと。
早ければ来週から週1で勤務することになりそうです。


話は変わりますが、現在病院などに勤務していて、フリーター転向や他の施設への転職を考えている先生はいらっしゃいますか? 退職ってすごく悩みますよね。

あくまで法的な話ですが、期間の定めのない契約の場合、原則として退職の二週間前までに告知すれば大丈夫です。 

1年契約、2年契約などの期間の定めのある契約の場合は少しやっかいです。
この場合は、原則として途中で退職できません。
契約書に「退職時は○ヶ月前に告知」などの文言があれば、それに従うことになります。
契約を破って早期退職した場合、雇用主から損害賠償請求を受けることもありえます。
しかし、実際に損害賠償までいくことは極めて稀でしょう。
「辞めたい」と伝えれば意外とすんなり辞められるものです。ただしこれは都市部限定かも…。

また、逆説的ですが、こういった問題があるため、就職時には期間を定めた契約は交わさない方が良いでしょう。もしもどうしても期間を定める必要がある場合は、「退職時は1ヶ月前に告知すれば良い」など、希望時に早期退職可能となる条項を付けるべきです。

※上記に倣って退職しトラブルがあった場合でも、当方は責任を負いかねます(;´Д`)
[ 2008/03/05 15:20 ] 医師アルバイト | TB(0) | CM(2)
バックレはしましたが、民間医局に、それはよくない…と上から目線でゆわれました。
だんだんまともに辞めるようにはなってきてますが、常勤のほうが仕事量が少ない気がします。
といいつつムカついたら就活初めて心の保養にしますわ。
[ 2013/08/08 14:51 ] [ 編集 ]
以後の再就職のことなどを考えると、バックレはなるべく避けた方が良いと思いますが、
どうしても辞めにくい雰囲気の病院であれば仕方ないかもしれませんね。

常勤・非常勤でどちらが仕事量が多いかは微妙なところですね。
私が外来バイトをしている病院の常勤医の先生方を見ていると、よく働く先生とそうでない先生の差が極端な気がします 笑
[ 2013/10/18 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。